ゆあのゲームブログ

最新ゲームやレトロゲームなどオススメゲームの攻略・プレイ日記・レビューなどを書いています。

ゆあのゲームブログ


【レビュー】原点復帰した?期待していたラチェクラ5だけど・・・『ラチェット&クランク5』【評価・感想】

コンチャ! ゆあです。(@yua_gameblog)

 

本日は、『ラチェット&クランク5』のレビュー記事です。

ネタバレ内容が含まれますのでご注意してください。

 

今回でラチェット&クランクシリーズのレビューは終わりなんだけど、前回の4は今ま

でのラチェクラと雰囲気が変わったよねーというお話しをさせていただきました。

 

そんな4の続き5ではどうなったのか?

そこを今回はレビューさせていただきます!

 

作品紹介

作品紹介
製品名 ラチェット&クランク5 激突!ドデカ銀河のミリミリ軍団
ハード プレイステーション2
ジャンル アクションアドベンチャー
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
開発元 ハイインパクトゲームズ
発売日 2008年

 

原点復帰したようにも見えたが・・・

f:id:kennzya:20190601111748j:plain

1~3のラチェクラは各惑星へ訪れ様々な地形で冒険をしてきた。

しかし前作の4で雰囲気がガラリと変わりラチェクラ感がなくなってしまった。

 

と、言うお話を4のレビューで書いたのですが、今作の5はどちらかといえば1~3作品に近い各惑星へ訪れ冒険をしていくという元々のラチェクラっぽい雰囲気に戻っておりました。

 

が、しかし、雰囲気が戻っただけで色々細かいシステムが微妙な点ばかり目立ってしまったように僕は思いました。

 

では、どのような所が過去作に比べて微妙になってしまったのか。

そして、何故こうなったのか?そこを詳しくお話しさせていただきます。

 

カメラ操作やカメラワーク

とにかく酷かった。

過去作同様にカメラ設定や操作は自由に設定できるものの、カメラの挙動?というか、動きがグルグルした。

今まで以上に3D酔いする人は要注意。

 

武器の迫力

f:id:kennzya:20190601162802j:plain

なんだかんだ前作の4はラチェクラ感があまりないと言っていたけど、武器に関しては凄く評価でき、迫力ある戦闘が楽しめた。

 

カスタマイズもでき、氷、炎、雷などの属性をセットすることで武器がどんどん派手になり迫力や爽快感があった。

 

しかし今作5はどうだろう?

僕がまず感じた事は迫力が無い。そして武器が元々弱く爽快感もなかった。

 

一応カスタマイズも出来るようになっているものの、そのカスタマイズ画面が見にくく良く分からなかった。

4の感じをそのまま持ってこればよかったのに_(^^;)ゞ

 

なら常備されているオムレンチが強いのかも!と思ったけど、オムレンチも弱い、全体的に弱くなり爽快感がなくなってしまった。

 

乗り物スケボー

過去作同様に今作も乗り物が登場する。

スケボーのような乗り物に乗りレースをするというもの。

 

レースに勝てばストーリーに重要なアイテムが手に入り先へと進むことができるようになる。なので、レースには必ず勝たなければならない。

 

ただね・・・これまた操作性が全然ダメ。

レースどころか操作に悪戦苦闘してしまう。

結局意味がわからないまま、レースを終えてしまう。

 

一応ミニゲーム要素のひとつでストーリー上必ずクリアしなくちゃいけないコースの他にも別にあるようだが、正直言ってやりたいとは思わなかった。

何故このような操作性にしてしまったのか本当に謎(ノ△・。)

 

とにかく安定せずグラグラ動くため、これまた3D酔いの人要注意ね笑

実に勿体無い。

 

アクションについて

こちらも残念でした。

何が残念かと簡単に言うと、ハイジャンプの距離が短くなった。

過去作はクランクをプロペラタイプとジェットタイプ二通りの切り替えができたのに今作はプロペラのみとなっている。

 

更に戦闘する際、武器を構えて横移動する時、過去作では側転やバク転で回避ができたのに今作ではそれが出来ない。

相変わらずカメラもグルグルするしね。

 

ラチェクラの肝であるアクションや武器がここまでパっとしないとなると、もはややっていて面白さを感じなかった。

 

むしろストーリーよりもラチェクラは爽快感やメカニックなところが売りだと僕は思っているのでかなり残念です。

 

では、どうしてここまで駄作?となってしまったのか。

それはある理由が隠されていました。

 

開発元

元々ラチェット&クランクはインソムニアックゲームズが開発していました。

1作目はノーティードッグも開発に協力し、めちゃくちゃ面白かったです。

 

しかし、今作はインソムニアックゲームズの子会社ハイインパクトゲームズが開発したみたいです。

 

何故そうなったのかは分かりませんが、ハイインパクトゲームズはラチェクラ5の後にジャック×ダクスター 〜エルフとイタチの大冒険〜も開発しております。

 

こちらのゲーム昔にPSPで遊んだ事があるのですが、ジャック×ダクスターのスピンオフ作品です。正直なところ面白いとはちょっと言いにくい作品でした。

 

そして、今回ハイインパクトゲームズが開発していると知り、なるほどなー笑と納得してしまった自分が居ましたね。

 

更に、ハイインパクトゲームズはクラッシュの新作を開発していたそうですが、中止になったみたいです。正直なところ開発して発売されていても、この感じだとウーンとなってしまいそうな。

 

もちろん個人差はあると思うのですが、僕が好きなゲームとはちょっと違うハイインパクトゲームズなんだなーと思いました。

 

難易度

難易度はちょっと高めの設定でした。

ガラメカのLVを最大に上げていないと雑魚敵を倒すのも苦戦するかと思います。

 

特にボス戦はある程度パターン化で倒すことができるものの、1発ダメージを食らうと体力の半分以上又はワンパン攻撃があるので、食らっちゃいけないギリギリの戦いとなりました。

 

今作は火力が高い武器が少ない為かボス戦でも弾薬が入った木箱が置いてあり、一度壊しても一定時間で復活するようになっており玉切れを起こすということはなかったです。

 

ただ、木箱が復活するまでは逃げ回るしかありませんが。

特にラスボスはかなり強かった印象。

 

ガラメカのロケットランチャーのLVを最大まで強化してひたすらロケットランチャーを打ち込みました。

 

その他の武器は一切使わなかったですね_(^^;)ゞ

というか弱すぎて使えなかった。

それぐらい今回の難易度は高い方かと思います。

 

まとめ

今作でラチェクラシリーズのレビューは終わりですが、いかがでしたでしょうか?

僕が思うにラチェクラは1~3をやればOKという感じでしたねー。

4と5はオススメはしないです。

 

クラッシュバンディクーのゲームも実際1~3は面白いけど4と5はあまり評判よくないですしね_(^^;)ゞ

シリーズが伸びるにつれちょっとグダグダしてしまう傾向にあるのでしょうか?笑

 

ただ、今回はシリーズ通して遊んでみたかった作品なので僕は一応全てやりました!

次回からはラチェクラではなく違うゲームのレビューを書いていきたいと思いますので、是非宜しくお願いしますね。

ではこの辺でヾ(*'-'*)マタネー♪

こちらの記事も読まれています

ラチェット&クランク5 激突!ドデカ銀河のミリミリ軍団

ラチェット&クランク5 激突!ドデカ銀河のミリミリ軍団

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • 発売日: 2008/07/03
  • メディア: Video Game

アマゾンボタン200