ゆあのゲームブログ

海外のゲーム、マイナーなゲームを主にレビュー記事を書いています。時より最新ゲームのレビューや攻略も書いています。

ゆあのゲームブログ


【レビュー】PS2日本未発売『Kao the Kangaroo: Round 2』カンガルーのKAOと大冒険する3Dアクションアドベンチャー!【評価・感想】

(^-^*)コンチャ! ゆあです。(@yua_gameblog)

 

本日は、ちょっと珍しいカンガルーが主人公のゲーム『Kao the Kangaroo: Round 2』のレビュー記事です。

ネタバレ内容が含まれますのでご注意してください。

 

アメリカではそこそこ知名度のあるゲームですが日本では全くないですよね

 

KAOシリーズはリメイクも含めて4作品ほど発売されていて、PCをはじめ、PS2、PSP、ゲームキューブ、アドバンス、ドリームキャストと幅広いハードで発売されているにも関わらず日本では全く発売されなかった為、知名度どころか知っている人がいないのも当たり前なんですよね。

 

そんなKAOシリーズが来年の2021年にPCにて新作を発売すると知り、慌てて今回ご紹介する『Kao the Kangaroo: Round 2』を買ってみて遊んでみました。

 

PC版が先に出るということはひょっとしたらPS4版が後から発売されるかもしれないという期待を込めてっていう感じですね笑

 

ではでは、実際にどんな内容のゲームなのか実際にプレイしてみた率直な感想とともに『よかった所』『悪かった所』も含めてご紹介していきたいと思います。

 

マイナーゲームが好きの方、海外のゲームが好きな方、3Dアクションアドベンチャーが好きな方ぜひ参考にして下さい。

 

このゲームを簡単に説明すると

10点満点中【5点】

  • BGMが静か過ぎて迫力やワクワク感がない

  • 色々なアクションゲームの要素が所々ある

  • 謎解きはなくステージも単調でただ進むだけ

 

作品紹介

f:id:kennzya:20201216165403j:plain

作品紹介
製品名 Kao the Kangaroo: Round 2
ハード プレイステーション2
ジャンル 3Dアクションアドベンチャー
発売元 ジョーウッド・エンターテイメント、GTインタラクティブ
開発元 Tate Multimedia
発売日 2006年3月29日

 

プレイ後の感想

f:id:kennzya:20201216172358j:plain

カンガルーが主人公という発想が面白いしキャラクターデザインも可愛いので期待していた分、実際に遊んでみると面白くなかった。

 

ストーリーは至ってシンプルで主人公のKAOの仲間である動物達を捕まえにハンターが襲い掛かりKAOの仲間をさらってしまう。

そんなハンターから仲間を救い出すためKAOがハンターをやっつけにいくというお話し。

 

ハンターは海賊船のような船でKAOのいる島に降りてくるんだけど、海賊船の雰囲気が『レイマン レボリューション』に似ていた。

 

『レイマン レボリューション』同様にゲーム内のBGMが静か過ぎて迫力もワクワク感もなく、ステージには謎解きやトラップもほとんどなく、ただ進むだけの単調なステージでした。

 

一応ボス戦も用意されているが、うーん・・・微妙といった感じ

 

ステージのバリエーションは緑豊かな森ステージから始まり、雪ステージ火山ステージがでてくるものの、各ステージの特性を活かしきれていない感じ。

 

ゲーム後半になると、ステージ内にブーメランが落ちていて拾うと武器として使うことができるのですが、敵をロックオンして横移動しながら攻撃をする姿がどことなく『ラチェット&クランク』に似ていました。

 

また、森ステージではクマに追いかけられるステージがあるのですが、これはクラッシュ・バンディクー』恒例の手前に逃げながら進むステージに似ていました。

 

よくも悪くも色々なアクションゲームの要素が入っていましたが、どれも活かしきれておらず中途半端に感じてしまった。

 

また、収集アイテムも集めたところでコレといってボーナスなどがあるわけではないので、コンプリートしよう!という気持ちにすらならなかったのが残念でした。

 

やはりシリーズタイトルの2って駄作が多いのか?と思ってしまうほどのクオリティーだったのが悔しい。

 

キャラクターはめちゃくちゃ可愛いのに

 

あと、パッケージに騙された感もある。

 

これが本作のパッケージだけど、これを見るとミサイルのような武器をはちゃめちゃにぶっぱなしているイメージだけど、こんなことゲーム内では一切なかった笑

 

だって武器は基本ブーメランだもん

 

なので、ちょっとこれはやられたなーと思いました。

ただ、グラフィックはかなり綺麗でした。

 

PS2のアクションゲームの中でも上位に入るほど綺麗だった。

ひとつ言うなら、暗いステージが多く薄暗いというよりかは真っ暗だった為、まったく見えなかったのが辛かった。

 

色々と問題点が多いと感じた本作ですが、『よかった点』『悪かった点』をまとめてみました。

 

よかった所

グラフィックが綺麗

f:id:kennzya:20201216172035j:plain

元々グラフィックが綺麗なゲームですが、PS2用HDMIコンバーターを使うことで更にグラフィックを綺麗にすることができました。

 

ただ綺麗なだけではなく森ステージは奥行きも感じる事ができました。

ただ、自由度に動き回れる範囲が狭かったのが少々難点でした。

 

悪かった所

BGMが寂しい

個性豊かなキャラクターが揃っていてステージも森、雪山、火山、海賊船と色々揃っているけど、どこも似たような静かなBGMばかりでかなり寂しかった。

とにかくアクションゲームなのにワクワクできなかった。

 

操作性が悪いステージがある

f:id:kennzya:20201216172852j:plain

本作では強制スクロールのような自動で進むステージがあるのですが、左右とジャンプだけは操作するのですが、めちゃくちゃ操作性が悪く、思った方向へ移動できなかったり、なんで今のところ落ちるんだ?という理不尽な設定が多かった。 

 

暗いステージが多く見づらい

とにかく暗いステージに入ると画面が真っ暗になるため、まったく見えなくなる。

PC版はしっかりと見えるのにPS2版だけがこの症状になるらしいです。

めちゃくちゃ困る仕様だよね

 

まとめ:Kao the Kangaroo: Round 2

とにかく全体的に物足りなさを感じるゲームで、ふわっとした感情の中終わりました。

オススメはできないゲームでした。

 

しかし冒頭でもお話ししましたが新作が来年に発売する予定らしいので、そちらに期待したいところです。

 

ちなみに公式のツイッターアカウントはこちらから見れますので気になる人はどうぞー!

Kao the Kangaroo (@Kaothekangaroo) | Twitter

 

ということで、最後までご覧いただきありがとうございましたー!

(*'-'*)マタネ

Kao the Kangaroo: Round 2

Kao the Kangaroo: Round 2

  • 発売日: 2006/02/28
  • ジャンル: 3Dアクションアドベンチャー

アマゾンボタン200