ゆあのゲームブログ

海外のゲーム、マイナーなゲームを主にレビュー記事を書いています。時より最新ゲームのレビューや攻略も書いています。

ゆあのゲームブログ


【レビュー】PS5『FF7RI(ファイナルファンタジー7リメイクインターミッション)ユフィが主人公のもうひとつのストーリーがめちゃくちゃ感動した!ネロの正体が気になる【評価・感想】

(^-^*)コンチャ! ゆあです。(@yua_gameblog)

 

本日は、FF7RのDLCである『FF7リメイクインターミッション』のレビュー記事です。

 

遂に配信されましたねー!

ユフィ編がやりたいからPS5を必死で手に入れたと言ってもいいぐらいめちゃくちゃ楽しみだった!

 

もちろん内容もめちゃくちゃ面白くて、FF7Rのレビューを書いたのが去年の4月なのであれから1年以上経っていると思うと早いもんですよねー。

 

今回はDLCということもあり、ボリュームは少なめでしたが、濃い内容になっていました。ギュっとユフィが詰め込まれていました。

 

そんなユフィ編の感想を長々と熱く語らせてください!

 

ユフィ推し方、FF7Rの続きが気になる方におすすめの記事です!

この先はネタバレ内容が含まれますのでご注意してください。

 

作品紹介

f:id:kennzya:20210623132151j:plain

作品紹介
製品名 ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード
ハード プレイステーション5
ジャンル アクションRPG
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 スクウェア・エニックス
発売日 2021年6月10日

 

プレイ後の感想

f:id:kennzya:20210623132215j:plain

まさかユフィ編で泣かされるとは思わなかった!ラストめちゃくちゃ感動するし、いい意味でDLCとして完成されていた!

 

今回PS5のみで配信されたユフィ編ですが、やっぱりグラフィックがPS4版と比べ更に綺麗になっていた。

肌の質感とか鉄の質感とかがよりリアルに感じ取れました。

 

戦闘はFF7Rと比べてアクション性が上がっていて、ユフィとソノンの連携技を駆使して敵をばっさばっさなぎ倒していくところが爽快感MAXでめちゃくちゃ楽しかった。

 

もはや動きが早すぎて何をやっているのか全く見えないほど笑

 

ただ、難易度ノーマルを選んだわりには敵が強く、結構ゲームオーバーになった。

レベル上げができる場所などは特になく、ストーリー沿って一本道をひたすら進むっていう感じ。

 

ボリュームは少なく数時間でクリアできる内容でした。

 

七番プレートが落とされる前の話しなので、途中アバランチのメンバーやティファ、バレッドなどFF7お馴染みのキャラクターも登場します。

 

ただ、ユフィと直接関わる事はなく、あくまでユフィのサブストーリーという位置づけでした。

 

f:id:kennzya:20210623132230j:plain

 

ボスにはFF7Rでも登場したスカーレットと戦闘したり、オリジナルのストーリーには登場しなかった謎の男『ネロ』と対峙したり、結構内容は濃かったですね。

 

エンディングの後にはザックスがエアリスの元へ帰ってくるシーンが描かれていたけど、既にエアリスはクラウド達とミッドガルを出てるから会えず。

 

ただ、ムービーの描き方からして、クラウド達の居る世界観なのか、また別の世界線の話しなのか、考察しようと思えば色々考察できるように描かれていたようにも感じました。

 

そもそもザックスがバスターソード持っていたしね

 

f:id:kennzya:20210623132242j:plain

 

そして、ミッドガルを脱出した後のクラウド一行達も少しだけ描かれており、日常会話のシーンが観られました。

 

会話の内容は本当に他愛ないもので、重要なキーワードは出てこず、これで続編に続くのかなーっていう感じです。

 

あと、エンドコンテンツはかなり充実していました。

ユフィ編ではラムウと戦えたり、 コンドルフォートというボードゲームが新しく追加されたり、神羅のバトルシステムには隠しボスとして『ヴァイス』が追加されていました。

 

別の記事でヴァイスの倒し方を書きましたが、FF7Rでは最強と言っていいほどめちゃくちゃ強かったです。

 

【FF7RI】ユフィ編クリア後の隠しボス『ヴァイス』の簡単な倒し方、コツをご紹介!【FF7リメイク インターグレード】

 

一応次回作に繋がる作品なので、まだプレイしていない人は是非遊んでみてはいかがでしょうか?

 

よかった所

ここぞとばかりにユフィがてんこ盛り

ユフィのファンお待たせしました!と言わんばかりにユフィを詰め込まれていました。

 

キャラクターもオリジナルそのままだし、声優さんも違和感なかったし、ムービーではずっとユフィが喋っててうるさいくらいユフィがてんこ盛りでした。

 

ラストに七番プレートが落とされ、その時のユフィの叫びがこちら側の感情にグっとくるものがありましたねー。 

 

バトルシステム『連携』が爽快感MAX

f:id:kennzya:20210623132320j:plain

FF7リメイクの本編ではなかった仲間との連携が爽快感MAXで遊んでいてめちゃくちゃ面白かった。

 

本作では操作キャラクターはユフィ固定の為、ソノンを使うことはできないけど、これなら文句なしで十分楽しい。

 

連携技では通常攻撃はもちろんのころ、アビリティも連携中であれば、カットインが入り強力な技として使えるようになっていました。 

 

本編にはない特殊コマンドなのでこれは是非遊んでほしい!

 

ボードゲーム『コンドルフォード』

f:id:kennzya:20210623132330j:plain

本作オリジナルで登場した戦略型ボードーゲームで、これがめちゃくちゃハマる。

お互いに3体のコンドル(親駒)を持ち、先にコンドルを取った方の勝ち。

 

コンドルを相手に取られないように、兵士だったり、兵器をフィールドに配置し攻撃して前進していくんだけど、これがしっかりと戦略を組まないと敵陣に攻められコンドルを倒されちゃうんだよね。

 

簡単に言うと自動で動くチェスみたいなものかな?

 

単純なミニゲームではなく、本格的なボードーゲームだったのでかなり頭を使う。

普段、こういったゲームで遊ばないのでハードモードがめちゃくちゃ難しく全ステージクリアするのに1日掛かってしまった笑

 

エンドコンテンツが充実していた

f:id:kennzya:20210623132340j:plain

DLCにしてはエンドコンテンツが結構充実していた。

FF7R同様にハードモードをクリアやミニゲーム全てクリア、隠しボスクリアなど、結構楽しめる内容になっていました。

 

FF7Rをトロコンした僕からすると、やはりDLCと言えどトロコンしたくなってしまったので、頑張って100%クリアしましたー!

 

めちゃくちゃ満足できる内容でしたね

 

気になった所

今後のストーリー展開 

f:id:kennzya:20210623132242j:plain

本作のディレクターが野村哲也さんということもあり、すでにキングダムハーツシリーズっぽい展開になってきているような気がする。

 

キングダムハーツといえば、スピンオフ作品もプレイしていないと本編の内容が全て理解できなかったり、時間軸がぐちゃぐちゃしていてすごく分かりにくいんだよね。

 

FF7リメイクにしても、ダージュオブケルベロスというスピンオフ作品がガッツリ絡んできているし、ザックス生存説やエアリス生存説など色々噂はありますよね。

 

ザックス生存説に限っては、今回のユフィ編でバスターソードを装備してムービーに登場していることから、ありえなくはないし、今後の展開がオリジナルのFF7とはだいぶ異なる内容になってきそう。

 

これが良い方へ転べばいいのですが、キングダムハーツのこともあり、収集付かないようにならないかちょっと不安。

 

ただでさえ、FF7リメイクは分作で本編が終わるころには変なことになってそう。

 

こう思うとキングダムハーツもある意味、分作に近いような気がするけど笑

 

なので、そういった意味で今後のストーリー展開がいい意味でも悪い意味でも気になるところです。

 

まとめ:FF7RI(ファイナルファンタジー7リメイクインターミッション)

DLCでしたが、めちゃくちゃ楽しませてもらいました!

クラウド達が必死に戦っている裏でユフィ達ウータイはこんなことになっていたのか!とサブストーリーとしてしっかり体験することができました。

 

今回のインターミッションで新しく仲間との連携技が追加されたことによって次回作ではクラウドとティファ、バレットやエアリスなど仲間との連携技が見られるかもしれませんね。

 

ますます進化していくFF7をこれからも間近で見ていけると思うとテンションが上がります!

 

ということで、最後まで読んでいただきありがとうございました。

(*'-'*)マタネ