ゆあのゲームブログ

海外のゲーム、マイナーなゲームを主にレビュー記事を書いています。時より最新ゲームのレビューや攻略も書いています。

ゆあのゲームブログ


【レビュー】ニンテンドウ64『Conker's Bad Fur Day(コンカーズ・バッド・ファー・デイ)』一見可愛い赤リスだが内容がヤバ過ぎて日本で発売できなかった幻のレア社のゲーム【評価・感想】

(^-^*)コンチャ! ゆあです。(@yua_gameblog)

 

本日は、任天堂に喧嘩を売ったと言われた色々な意味でヤバイRARE社作品『コンカーズ・バッド・ファー・デイ』のレビュー記事です。

 

数年前に買ったはいいけど、なかなか遊ぶタイミングがなく、今回ようやく遊ぶことができたレア社の幻のゲーム。

 

ゲームオープニングから任天堂のロゴをぶった切る様がクレイジー過ぎていきなり面白いんですよね笑

 

内容も色々な意味でクレイジーで頭がぶっ飛んだゲームでした。

 

そんなクレイジーなコンカーを遊んだ率直な感想とともに『よかった所』『悪かった所』をご紹介していきます。

 

レア社好きの方、クレイジーなストーリーや描写が好きな方、3Dプラットフォームのゲームが好きな方におすすめのゲームです!ぜひ参考にして下さい。

ネタバレ内容が含まれますのでご注意してください。

 

このゲームを簡単に説明すると

10点満点中【9点】

  • エロ、グロ、汚物などヤバイ描写がめちゃくちゃある

  • 色々な映画のパロディのてんこ盛り

  • ニンテンドウ64の作品の中では最高峰のグラフィック

 

作品紹介

f:id:kennzya:20211114082534j:plain

一見可愛い赤リスの『コンカー』の最悪な一日を体験できるクレイジーなゲーム。

う〇ち山、戦場、原始時代、ドラキュラなど色々なステージがてんこ盛り。

中には超有名なターミ〇ーター、マト〇ックス、エイ〇アンなどの映画をパロディとして扱っている色々な意味でクレイジーな作品。

作品紹介
製品名 Conker's Bad Fur Day
ハード ニンテンドウ64
ジャンル 3Dアクションゲーム
発売元 レア、Ultimate Play the Game、THQ
開発元 レア、Ultimate Play the Game
発売日 2001年3月5日

 

プレイ後の感想

f:id:kennzya:20211114082707j:plain

間違いなくレア社最高傑作でグラフィック、ストーリー、表現力どれをとってもニンテンドウ64のレベルを超えているのは分かるんだけど、日本で発売できなかった原因もわかるほど、内容がヤバかった

 

レア社の作品で、可愛らしいリスのコンカーが主人公でパっと見は『バンジョーとカズーイの大冒険』のように3Dマップを自由に動き回るゲームなのかな?と思いきや、本作はバンカズのようにピースを集めるなど目的があって冒険するというものではなく、あくまでストーリー重視でゲームが進んでいくので、3Dマップで自由に動き回れるとは言え、進行は一本道でした。

 

なので、自由度があるようで無い。

そこをどう思うかが賛否分かれそうだなーと個人的には思った。

ただ、僕はコンカーはこれで良いと思えましたね。

 

バンカズだとさらわれた妹を助けに行くという目的があり、その道中を大冒険しながら進むというコンセプトがありますが、本作の場合は全く違って、コンカーがいかにして王様になったのかを『追体験』する内容になっていた。

 

ゲームのタイトルにもあるように『コンカー達の最悪な一日』を体験するゲームとなっています。

だからこそ、色々走り回って大冒険するのではなく、ストーリー重視で一本道なのが生きていたんですよね。

 

ただね、内容がクレイジー過ぎましたね笑

 

まず、ゲームを起動すると、ニンテンドウ64の『N』のロゴをチェーンソーでぶった切ったり、ストーリーが進むにつれ、必ず誰かが犠牲になるんだけど、犠牲の仕方がエグい笑

 

身体がバラバラになったり、戦場へ送らされたり、コウモリのエサにされたり、とにかくやりたい放題笑

 

ゲーム始まってすぐにコンカーがお酒を飲んで酔っ払うところからスタートするんだけど、いきなり嘔吐するは、う〇ちが大量に積まれた『う〇ち山』に行かされるは、挙句の果てに『う○ち大王』とかいうふざけたボスは出てくるは、子供だったら下ネタとしてゲラゲラ笑って遊べるんだろうけど、大人がやると気分を悪くしそうな内容ばかりでしたねー笑

 

グロ、汚物の他にもエロい表現が含まれているので、海外はエロ表現に厳しいんだけど、これをよくニンテンドウ64で発売できたもんだよなーと今思っても関心する。

 

でもね、逆にニンテンドウ64だからこそ評価されていることもあって、最高峰のグラフィックだったり、演出だったり、音楽だったり、とにかく他の作品と比べて群を抜いてクオリティが高かった。

 

英語音声ではあるものの、キャラクターの会話は全てボイス付き。

バンカズのような動物が喋ってる風ではなく、ちゃんと英語音声で会話するから凄い。

 

あと個人的にツボだったのが『映画のパロディ』が結構多かった。

僕が分かっただけでも『時計じかけの〇レンジ』『ター〇ネーター』『マト〇ックス』『エ〇リアン』『プライベー〇・ライアン』のワンシーンを完全パロってました笑

 

今では完全アウトですが、これが意外と映画そのままで関心しちゃうぐらいクオリティがよかった。

 

そんな色々な意味でクレイジーなコンカーですが、総合評価9点と僕の中では大満足できた作品でした。

 

他にも『よかった所』『気になった所』を詳しくご紹介させていただきます。

 

よかった所

登場キャラクターがクレイジーで面白い

f:id:kennzya:20211114085247j:plain

レア社特有の動物キャラクターをはじめ、無機物に目をくっつけた海外ならではのクセのあるキャラクター達は見ていて面白かった。

 

とくにコンカーの場合はクレイジーなキャラクターが多く、そのほとんどは身体がバラバラにされちゃうんだけどね笑

 

また、マト○ックスやエイ○アンなど映画のキャラクターのパロディもいくつか出てくるのですが、完成度がめちゃくちゃ高かった

 

ニンテンドウ64なのにグラフィックがめちゃくちゃ綺麗

f:id:kennzya:20211114085412j:plain

とにかく綺麗!

グラフィックに関しては、遊んだことのあるプレイヤーが口を揃えて綺麗というほど、グラフィックはよかった。

 

ニンテンドウ64後期に発売されたということもあるし、レア社の技術がぎゅ!っと詰まっていた。

 

ただ、そんな綺麗なグラフィックですが、コンカーの場合グロや汚物要素が多いので、せっかく綺麗なのに間違った使い方してるじゃん!笑と、ある意味レア社にとっては褒め言葉とも思える感じでしたね。

 

やっぱりGBMが最高すぎた

スーパードンキーコング、バンカズ、ディディーコングレーシングなど様々な神ゲーを生み出したレア社のもうひとつの魅力でもあるGBM。

 

どの作品も超プレミア価格がつくほど人気なのですが、本作もやっぱり神GBMでした。

一部、めちゃくちゃ汚い音が入っていますが、僕はレア社っぽくて大好き。

 

色々な映画をパロディとして扱っていたりするのですが、その映画を思い出すような音楽も作られていて、雰囲気が異常に作りこまれていた笑

 

気になった所

繊細な操作が難しい

レア社ならではの鬼畜仕様なのか、細かい操作を要求される場面が多いにも関わらず操作性がふわふわしていて、細かい動きをするのが難しかった。

 

慣れとかの問題ではなく多分仕様でしょうね。

なので、諦めない根性がないと心折れそうになる場面がいくつかありました。

 

カメラワークが酷いところも

64あるあるというかレトロゲームあるあるだとは思うのですが、カメラワークが酷くて理不尽な死に方や落下が結構あった。

 

3D酔いする人は特に注意だよね

 

バンカズに比べてカメラを動かす場合、ちょっともっさりしている印象があり、見たいところを瞬時に見られなかったのが難しかったですね。

特に水中のカメラが酷い酷い。

 

勝手にグルグルと回ってしまうので行きたい方向に行けず、酸素ゲージがなくなり溺れて死ぬなんてことがしょっちゅうあったので、これもまたレア社特有の理不尽死だったなー笑

 

youtubeでゲーム実況

youtubeで実況配信しているので、どんなゲームか気になった方は是非ご覧ください。

 

まとめ:Conker's Bad Fur Day(コンカーズ・バッド・ファー・デイ)

レア社ワールド満載でクレイジーなゲームが好きな人にはマジでオススメできる作品でした。

この手のゲーム界隈では神ゲーと称賛されている作品だからね、やらなきゃ損ってやつでした。

 

一応XBOXでリメイクされていて、グラフィックがかなり向上していたり、日本語字幕が付いているので、オリジナルが遊べない環境の人はリメイクを買ってプレイしてみてはいかがでしょうか?

コンカー Live & Reloaded

コンカー Live & Reloaded

  • マイクロソフト
Amazon