ゆあのゲームブログ

最新ゲームやレトロゲームなど僕のオススメのゲームの攻略・プレイ日記・レビューなどを書いてます。

ゆあのゲームブログ

モンスターハンターワールド アイスボーン レビュー・プレイ日記 #6 新水古龍ネロミェールとラスボスのアン・イシュワルダを一気にご紹介!

f:id:kennzya:20190924180255j:plain

(^-^*)/コンチャ! ゆあです。(@yua_gameblog)

 

お待たせしました!

今日は新水古龍ラスボスをご紹介します!

いやー強かった。

どちらも強い!未だにソロだと3乙してしまうほど、強いんですよね・・・

では何が一体強いのか?そこも含めてどんなモンスターなのかご紹介したいと思います!

新水古龍 ネロミェール

f:id:kennzya:20190924183529j:plain

やってきましたネロミェール!

まずはこいつの弱点をご紹介。弱点属性は火属性で頭と前足が弱点部位です。

初見で戦った時はそういう情報も一切調べず戦った為、安定の無属性ランスで戦いました。

後に火属性ランスであるディノバルドのランスで戦うとダメージも良く出ることが分かりました。

 

頭と前足が弱点ということはランスかなり有利なのでは?と思いがちなんだけどね、初見はアイルーを連れて行きました。

このアイルーを連れて行くことが逆にマイナスになりました_(^^;)ゞ

ネロがアイルーばかり攻撃しはじめると、なかなか頭と前足を狙う事が出来なかった。

狙いにいこうとするも、ネロの翼がめちゃくちゃ邪魔なんですよね(ノ△・。)

 

後ろから回り込んで前足と頭を狙おうとすると、ネロに翼を広げられるとかなり広範囲で視界を奪われます笑

むしろ画面いっぱいにネロの翼が多い被る状態。

まったく見えないんだよね_(^^;)ゞ

それが僕が感じたネロの強さのひとつ。

 

なので、アイルーを連れて行くのをやめて、完全ソロでいくほうがいいかもしれない。

f:id:kennzya:20190924202526j:plain

そして、もうひとつ厄介なのが水やられだよねー。

水やられになるとスタミナの回復速度がかなり低下しちゃうから、ランスだとかなり致命的。

カウンターやステップ回避するとあっという間にスタミナがなくなっちゃうからね。

 

対策としては耐水の装衣を持っていく。

むしろ必須です\(*´▽`*)/

それとウチケシの実。ワールドではさほど使わなかったウチケシの実だけど、アイスボーンでは鬼のように使います。

それほどまでに状態異常攻撃をしてくるモンスターが増えたってことだよね。

 

更にネロミェールは自ら水を吐き、そこに雷属性攻撃をしかけ、ハンターを感電死させてくる技があるんだよね。

水と雷を使うなんて聞いてない(>o<")

 

なので、耐雷の装衣は必要かなー?と思ったけど、耐雷持って行くならやっぱり、転身の装衣が安定でした笑

 

何度もいうようですが、とにかく翼が邪魔になり戦いどころじゃなくなるので、完全ソロでずっと頭に張り付くのがいいみたいですね\(*´▽`*)/

 

アン・イシュワルダ 第一形態

f:id:kennzya:20190924204738j:plain

 遂にアイスボーンのラスボスまできた。

アン・イシュワルダ!

 

え?どこ?笑

と言いたくなるこちらの画像だけど、ド真ん中に居ます笑

はじめ見たときはアイアンゴーレムかよ笑ってついついツッコンじゃったからね。

めちゃくちゃデカイ岩を相手にしている感覚でした。

 

弱点属性は氷で頭と腹下が弱点。

その他は岩だけにカチカチで弾かれてしまいます。

主に、弱点部位をひたすら攻撃するというのが狩りスタイルになるんだけど、クラッチクローやぶっ飛ばしも効果があるので、積極的にやるといいでしょう!

 

ぶっ飛ばしは適当に壁にぶつけるのではなく、特定の壁にぶつける事により大ダウン+大ダメージ、さらに部位破壊も多くできます。

その特定の壁というのがこちら。

f:id:kennzya:20190924205420j:plain

白い矢印で示している場所。

このアイコンで示されている箇所へ行くと、壁から蒸気が出ているのが分かります。

この蒸気が出ている壁にぶっ飛ばしをすると、物凄いダメージと共に、部位破壊、大ダウンがとれます。

ただ、無限にできるということはなく、2回までしか利用することができないです。

逆に言えば2回も大ダメージを与える事ができるので、必ず利用したほうがいいよね!

 

第一形態はこれといって特殊な何かがあるわけではなく、本当にひたすら弱点部位を攻撃すればOK。

すると、受付嬢が「何かが岩の隙間から見える」みたいなことを言い始めます。

 

そうです。実はこのモンスターはちゃんとした正体があり、その正体を隠すかのように岩を覆っているっていうわけ。

なのでウラガンキンのような岩のモンスターではなく、どんどん攻撃をして岩を剥がしていくのが、この第一形態です。

そうこうしていると、第一形態から第二形態へ移行します。

 

アン・イシュワルダ 第二形態

f:id:kennzya:20190924205732j:plain

これが本当の姿のアン・イシュワルダ。

ゼノジーヴァに似ていなくもない姿だよね。ちょっと色合いがタマミツネにも似てる笑

岩が剥がれても弱点属性は氷で、弱点部位は頭と腹下。これは変わらず。

 

さて、第二形態なんだけど、MHW史上一番強かった。

3乙を2回もさせられてしまった。クリアできたのは3回目でようやく。

今までMHWやっていてそんなモンスターは居なかったし、ゼノジーヴァですら初見でクリア出来ているので、本当に史上初マジで強いと言えるモンスターでした。

 

まず、何が強いかと言うとコレ!

f:id:kennzya:20190925081042j:plain

見えるかな?

イシュワルダの翼は翼というか触手のような器官をしており、その先から空気を出して攻撃してくる。

空気なのか真空波なのか謎だけどとにかく風の攻撃をしてくる。

決まった位置に噴射というよりもランダムな位置に噴射しているのかなーと思いました。なので、距離を取らず腹下に潜りながら攻撃するといいでしょう。

f:id:kennzya:20190925081330j:plain

ただ、腹下に潜ろうと近づいた時、このように空気の壁を作られたりする。

しかもこれ、こちら側に迫ってくるんだよね。

パワーガードはもちろん、通常のガードとしたところで、スタミナを削りきられてそのままダメージ貫通して乙ります。

f:id:kennzya:20190925081509j:plain

f:id:kennzya:20190925081513j:plain

f:id:kennzya:20190925082148j:plain

こちらの必殺技である、空気砲みたいな技も同じ。

正面に立ち、ガードやパワーガードをするもんなら、ゴリゴリスタミナが削られ呆気なく乙ります_(^^;)ゞ

 

なので、このどちらも絶対に避けなければならないんだけど、戦闘中の立ち位置でどうしても避けられない!というときはガードをせず、素直に被弾して、吹っ飛ばされるといいでしょう。

どういうことかと言うと、ガードしていてもダメージは多少食らってしまう。

そしてスタミナが切れた瞬間、思いっきりダメージが貫通して乙る、ということは、初めから被弾をすることによって、ハンターが吹っ飛ばされます。

 

吹っ飛ばされたハンターは一定時間地面に転がるので、その転がっている間の無敵時間を利用して相手が攻撃し終わるのを待つという作戦。

これが意外にも僕は有効でしたね≧(´▽`)≦

 

ただ、それでも被弾することは間違いないのである程度の体力は残っていないと乙るので注意。また、立ち上がった時すぐに回復しないと次の攻撃に耐えられないので、そこも要注意です。

 

アン・イシュワルダ 第三形態

f:id:kennzya:20190925172441j:plain

ここからがラストスパート!

第三形態です。見た目はまったく変わらないものの、第二形態は目を瞑っていて、第三形態になると目を開けます。

開けるというよりも、ひん剥いてる笑

 

第三形態の特徴しては地面が砂状になり足場がめちゃくちゃ悪くなる事。

これは第一形態でもやってくる技で、砂状になった地面がボコボコと沸騰しているようになり、下から突き上げ攻撃をしてきます。

かなりダメージが大きいし、吹っ飛ばされます。

場所によっては連続でやってくる場所もあり、ガードしているとスタミナがゴリゴリ削られてしまいます。

 

この技を使ってきたら、すぐに砂から出て地面まで逃げましょう。

砂に足を取られてしまうと走れなくなってしまうので逃げるのも困難です。

また、ここからがアン・イシュワルダの真骨頂で、地面に潜り移動をしたら必殺技の合図です。

 

風を集め大きな球を作り、エリアの中央に投げてきます。

かなりの広範囲で爆発しほぼ即死級の技です。

回避の仕方としては、アン・イシュワルダ側に走り、エリアの端へ移動します。

端というか隅っこというか。

 

あくまでエリアの中央で大爆発するので端に移動させすれば避けられます。

しかし、先ほども言ったように足場が砂になっている部分が多いため、砂を避けながらの移動となるので、パニックにならないよう、冷静に移動しなくてはなりません。

また、一番良いのはモドリ玉で一旦キャンプへ戻り落ち着くのもいいでしょう。

キャンプに着く頃には必殺技も終わっているだろうし(o^-^o) 

f:id:kennzya:20190925174615j:plain

無事、必殺技をかわしアン・イシュワルダを倒すことができました!

(○゜ε^○)v ィェィ♪

ただ、ひとつ問題があり、アン・イシュワルダの素材で頭素材があるんだけど、こちらは頭破壊をしないと手に入らないと聞きました。

この頭破壊が非常に難しくソロでもマルチでもなかなか壊せないんだよね(ノ△・。)

未だに頭素材は手に入れていないので早いところ欲しいです!

 

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございましたー!

今日はネロとアンについて感想なんかを書いてみました。

未だにどちらも強く感じるし普通に乙るから怖い怖い_(^^;)ゞ

でも、これぐらいの難易度こそG級モンスターって感じですよね。

そして、アイスボーンはここからが本番。いわゆるエンドコンテンツっていうやつです。まだまだ戦っていないモンスターだったり出会っていないモンスター、そして今回も歴戦個体もいるし、まだまだまだやることが沢山あります。

 

エンドコンテンツについても、引き続き感想を書いていきたいと思いますので。

宜しくお願いします。

ではでは今日はこの辺でヾ(*'-'*)マタネー♪

←モンスターハンターワールド アイスボーン レビュー・プレイ日記 #5

→モンスターハンターワールド アイスボーン レビュー・プレイ日記 #6

 

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション - PS4