ゆあのゲームブログ

最新ゲームやレトロゲームなど僕のオススメのゲームの攻略・プレイ日記・レビューなどを書いてます。

ゆあのゲームブログ

【MHW:IB】 攻略・プレイ日記 #11 最大16人討伐!ムフェト・ジーヴァを討伐して鑑定武器を狙え!

f:id:kennzya:20191216104807j:plain

(^-^*)/コンチャ! ゆあです。(@yua_gameblog)

さて、今日はいよいよ配信されたムフェト・ジーヴァについて書いていきます。

と、言っても効率うんぬんというよりも、こんな感じだったよーというレビューのような内容になっています。

何か少しでも参考になれば嬉しいです。

では早速、ひと狩り行こうぜ!

ムフェト・ジーヴァ討伐の鍵

f:id:kennzya:20191217085500j:plain

まずはじめにムフェト・ジーヴァはマルチ推奨のモンスターです。

推奨って言うけど、ほぼ強制です笑

マム・タロトとほぼ同じ内容になっており、人数が多いほど討伐しやすく達成度も上がりやすい為、報酬もたくさん貰えます。

少人数でもクリアすることは可能です。

 

マム・タロトは痕跡を拾ったり部位破壊をすることで達成度が上がっていきましたが、ムフェトには痕跡を拾うということはなく、主に部位破壊をしてポイントを稼がないといけません。

しかし、この部位破壊が意外と難しかった。

 

スキル『破壊王Lv3』を装備している状態でもなかなか壊れない。

なので破壊王を装備していないと、もっと壊れないと思うと必須スキルということになりそうです。

ただ、破壊王を装備するとなると結構スキル構成が重たくなって困っちゃいますよね。

破壊王装備しつつ火力も盛らないといけないので。

 

そこで、ジンオウガ亜種の腕をオススメします!

こちらには元々、破壊王Lv2が備わっているので結構楽にスキルを組むことができました。

 

後はひらすら部位破壊を狙って攻撃するだけです。

4パーティーの場合は、みんなで同じ部位を狙い一箇所でも多く部位破壊を狙ったほうが良いのかなーと考えております。

みんなが各々の箇所を攻撃すると時間がかかり、なかなか破壊できなかったからです。

それを踏まえて各層でどのような行動したらよいか。

今回、僕が行動した手順を書いていこうかと思います。

 

階層1

まず、一番初めに戦う階層です。

ここでは、落石とツタ罠があるので積極的に活用していくといいでしょう。

ツタ罠はMAP下の緑色になっている部分。

ここで、ムフェトを怯ませると、ツタ罠に引っかかり一時的に動きを止めることができます。

この隙にクラッチで肉質を柔らかくした所を全員で攻撃しよう!

 

続いて落石。

落石は大ダメージを与えるチャンス。

落石下でうまいこと睡眠を取って落石を当てれば確か2倍のダメージを与えることができたので、かなりのダメージを稼ぐことができます。

睡眠がとれなくとも大ダメージには変わりないので積極的に狙ったほうが良い。

 

あと、ムフェトが地形エネルギーを吸うとクラッチで傷をつけた場所が癒えるので、エネルギーを吸う行動をしたらすかさず傷を付けましょう!

 

階層2

f:id:kennzya:20191216143851j:plain

ここからいきなり強くなります。

と、いうのも敵視だったり拘束されたり、大技『王の雫』を使ってくるからです。

まず、やることは主に階層1と同じで、傷つけからの部位破壊を目指しながら攻撃していくのですが、もっともダメージを与えたハンターに敵視が向きます。

敵視されたハンターはムフェトから集中狙いされるので気をつけましょう!

 

拘束技は頭付近に居なければ被弾することがないので、うまく立ち回るしかないのですが、万が一被弾してしまった場合、周りのハンターは粉塵を使うようにすれば拘束されたハンターを助ける事ができます。

 

また、大技『王の雫』は近くの石柱に隠れる事によって防ぐ事ができます。

と、いっても狩りに集中していると石柱がどこにあるか忘れてしまう事ってありますよね?

そんな時はMAPを見てみるといいです。

MAP上に黄色く石柱の場所が表示されているので、それを確認しておくのもOK。

また、石柱に隠れていても、はみ出ている判定で乙ってしまった経験ありませんか?

コツとしては、石柱に隠れるとコントローラーの振動が止みます。

ずっと振動している場合は、ちゃんと隠れられていないという証拠なので、振動が止まっている事を確認するといいでしょう。

 

噂で聞いたのですが、ここでDPSチェックがあるのではないか?ということです。

DPSチェックとは、ある程度ダメージを与えないと先へ進めないシステム。

なので、ある程度ダメージを与えないとずっと大技『王の雫』を使ってくるのでは?ということ。

 

あくまで噂で聞いただけなのでハッキリとしたことが分かりませんが、どのみちダメージを多く与える必要はあるかもしれないですね(o^-^o) 

 

階層3

f:id:kennzya:20191217084550j:plain

ここまで来るといよいよラストスパートです。

後は全員でひたすら攻撃をし倒すだけなのですが、階層3で乗りを多く取り、ダウンさせてから一気に攻撃するといいでしょう。

 

また、ムフェトの状態が変わったときは全体的に肉質が柔らかくなるので攻めるチャンスです。その時、MAP端に3箇所、ガスが発生します。

ガスのところにムフェトを上手く誘き寄せ、スリンガーをガスに当てると爆発し1000ダメージを与える事ができます。

2回ガスを当てるとダウンすることもあるので、積極的に狙っていきましょう。

当たり前ですが、大技『王の雫』もバンバン使ってきます。

 

階層3では雫が落ちてくる速度がめちゃくちゃ速く、近くに石柱がないとほぼアウト。

なので、敵視を取っている人は、近くに石柱がある場所まで誘導し皆に石柱があるよ!ということを知らせてあげるといいでしょう。

f:id:kennzya:20191216105129j:plain

無事、討伐することができたら、いよいよ覚醒武器が手に入ります。

 

武器種によって攻撃する箇所が異なる

覚醒武器をご紹介する前に、武器種についてご紹介したいと思います。

簡単に説明すると、斬撃武器は前足、打撃武器は後ろ脚、ガンナーは翼&背中、という立ち回りがベストだと思います。

 

操虫棍は背中を攻撃しやすいので、背中の部位破壊を積極的に!

乗りもかなり有効なので大活躍できるかと思います。

翼破壊は主にガンナー。剣士だと破壊ほぼ不可なのでパーティーにガンナーがいるとめちゃくちゃ助かります。

 

頭は二段破壊なので、皆で狙って破壊をするといいでしょう。

1人2人だけだとかなり厳しいかもしれません。

尻尾の切断も皆で行なうとより早く切断することが可能です。

 

覚醒武器について

f:id:kennzya:20191217230533j:plain

覚醒武器はクエスト達成度によって取得数が変わるようです。

達成度が高いほど沢山の武器種の中から取得数分だけ取得できます。

さらに、クリアした際に使っていた武器種は必ず報酬の中に入っているので、僕みたいにランスしか使わないユーザーにとってもかなり嬉しい仕様になっています。

 

覚醒武器のステータスは武器種によって決まっています。

例えばランスの場合、色々な属性のランスが獲得できますが、違いは属性と覚醒スキル部分だけで、攻撃力や切れ味などのステータス部分は全て同じです。

なので簡単な話し、全ての属性のランスを手に入れたらもうランスは必要ないということになります。

 

では、ムフェトはもうやらなくてもいいのか?とはならず、ここからが覚醒武器の苦労するところです。

f:id:kennzya:20191217230935j:plain

覚醒武器を覚醒させるには、ムフェトを討伐すると貰えるこちらの素材が必要になります。これもまた達成度によって貰える報酬の数などが変わってきます。

鍛冶屋にて覚醒武器を強化する際に必ず使用します。

f:id:kennzya:20191217231048j:plain

覚醒武器には攻撃力や防御力といったステータスの上限を上げるスキルの他にシリーズスキルも存在します。

シリーズスキルとは決まった防具の数に応じて発動できるスキルで、例えば達人芸だとテオの防具3を装備すると発動する。というものだと、武器にこのシリーズスキルが付いている場合、防具2つ武器1つで発動できるようになります。

 

いわゆる、防具1つ分の役割をしてくれるということです。

これが意外と強いと評判ですが、僕は今のところ使う予定がない_(^^;)ゞ

 

また、スキルには最大Ⅵレベルまで存在しており、5つまで覚醒スキルを付与することが可能です。

しかし、制限も設けられており、レベルⅥのスキルは1つまでとなっています。

例えば、攻撃Ⅵをひとつ付けたら切れ味Ⅵや防御Ⅵは付与できずレベルⅤまでしか付与できません。

 

なので、レベルⅥのスキルを付与する場合は十分に気をつけましょう。

万が一、必要のないスキルを付与した場合、上書きして違いスキルを付与できるので、ご安心を。

 

皆で思うような覚醒武器を作っていきましょうー♪♪v(⌒o⌒)v♪♪

 

まとめ

今回初めてムフェトと戦ったので、まだまだ効率を考えると無駄なところが多いようにも思えますが、結局のところ楽しんだもの勝ちですよね(o^-^o) 

マム・タロトの周回に比べたら毎回本気で戦わないといけないモンスターなので暇はせず楽しめそうです。

覚醒武器に関してはまだまだ思ったようなスキルが付与できないので、これから頑張って完成に近づけていこうと思います。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事も読まれています

MHW:IB攻略・プレイ日記まとめTOP