ゆあのゲームブログ

最新ゲームやレトロゲームなど僕のオススメのゲームの攻略・プレイ日記・レビューなどを書いてます。

ゆあのゲームブログ

キングダムハーツ3 攻略 プレイ日記#31-テラ完全復活!そしてヴァニタスは何がしたかったのか?-

こちらの記事はキングダムハーツ3の攻略&プレイ日記です。

ネタバレ内容が含まれる恐れがありますので注意してください。

 

(^-^*)/コンチャ! ゆあです。

前回のロクサス同様に今回はテラの復活劇を書いていきたいと思います!

今回も涙無しでは語れない素晴らしいお話しなので是非最後まで読んで欲しいです!

 

ヴァニタスとの関係

今までずっと疑問に思っていたひとつが、ヴァニタスがどうしてソラの顔を持つのか。

これってBBSでも明かされてなかったと思います。

しかし、今回その答えがようやく明かれるのですが・・・

f:id:kennzya:20190227202947j:plain

f:id:kennzya:20190227202951j:plain

f:id:kennzya:20190227202956j:plain

このヴァニタスの台詞にある、「俺はお前から姿を補わせてもらった」

「ヴェンとソラ2人によって形づくられた」と言っているが、そもそもソラの姿を補う必要がどこにあったのだろうか?

単純にヴェンと同じ顔でヴェンの闇属性バージョンじゃダメだったのだろうか?

それと、ヴェンとソラ2人によって形作られたとあるが、ヴェンから闇の心を抜き取った時ってソラは別に関係ないような気がします。

…c(゜^ ゜ ;)ウーン

どういうことだってばよ笑

f:id:kennzya:20190227204236j:plain

そして、ヴァニタスさんの屁理屈がはじまる・・・

これはどうなんだろう…c(゜^ ゜ ;)

f:id:kennzya:20190227204330j:plain

f:id:kennzya:20190227204334j:plain

そら、そうだ。

そういうことだよな。

なんか、結局ヴァニタスの意味というか目的ってなんだろう?

ゼアノートはヴェンとヴァニタスをぶつけてXブレードを完成させようとしたのはいいけど、ヴァニタスは意思や想いというものがないのだろうか?

そしたら、Xブレードが失敗した段階でヴァニタスの存在理由があるようでないような_(^^;)ゞ結局何がしたかったのかが一番気になった。

 

ソラと同じ顔を持つ意味もなーんかふわふわしてて決定的なコレ!っていうのが僕は伝わりにくかったなー_(^^;)ゞ

最後にソラがヴァニタスに問いかける。

それでいいのか!ってね。

するとヴァニタスはニヤっと笑って消えてしまった。

f:id:kennzya:20190227212552j:plain

f:id:kennzya:20190227212239j:plain

…c(゜^ ゜ ;)ウーン

なんか、味気ないよなー。というか納得できない笑

ここまでずっとヴェンに執着し追い回していたのに終わりがなんか閉まらなかった。

ひょっとしたら次回作があるとしたらまた、そこで出てくる可能性も無くはないけど、今回だけを見るとちょっとねー(ノ△・。)

 

テラ復活!ようやく3人揃った。

そして、肝心なのがテラだよね。

ヴァニタスのことも色々気になってはいたけど、とにかくテラだよね。

アクアが戻り、ヴェンが目覚め、次はテラ。

ずっとゼアノートに縛られ続けていたテラだからどうやって復活するのか、ここが凄く楽しみでした。

f:id:kennzya:20190227212955j:plain

f:id:kennzya:20190227213001j:plain

テラの意識はずっとあるんだよね。

ソラも必死にテラに呼びかけるが・・・

f:id:kennzya:20190227213050j:plain

f:id:kennzya:20190227213056j:plain

f:id:kennzya:20190227213103j:plain

f:id:kennzya:20190227213112j:plain

どうしても押さえ込めない闇。

遂に力が暴走?し、ソラ達を鎖で縛り上げてしまう。

f:id:kennzya:20190227213347j:plain

f:id:kennzya:20190227213354j:plain

ここで再びゼアノートに意識も持っていかれる。

テラもずっとゼアノートに抗っているけど最後はいつも意識を持っていかれているから、ここでどのように意識内でゼアノートに打ち勝つのか。

f:id:kennzya:20190227213534j:plain

f:id:kennzya:20190227213540j:plain

f:id:kennzya:20190227213545j:plain

f:id:kennzya:20190227213552j:plain

f:id:kennzya:20190227213556j:plain

珍しくソラが取り乱す。

多分テラ自身がアクアとヴェンを消してしまうかもしれないというところがソラは凄く嫌なんだろうなー。

ここでもし、2人を消してしまったらそれこそテラは完全に闇に落ちてしまいそう。

(ノ△・。)

けど、もちろんそうはならない!

f:id:kennzya:20190227213810j:plain

 

f:id:kennzya:20190227213815j:plain

!!

なんだと!

どういうことだ。

アンセムの後ろに居たあの黒いハートレス。

このゼアノートにも憑いていたけどこいつが自らアクアとヴェンを救い出すという事は?

f:id:kennzya:20190227213819j:plain

f:id:kennzya:20190227214012j:plain

キターーーーーーーーー!

テラの意識はこっちのハートレス側に押さえ込まれてたみたい。

今までだと押さえ込まれ意識を失っていたであろうテラが今回はちゃんと自我を保ち動けるようになったというところかな?

f:id:kennzya:20190227214147j:plain

f:id:kennzya:20190227214152j:plain

すかさずソラがテラに救いの手をさしのべる!

f:id:kennzya:20190227214159j:plain

f:id:kennzya:20190227214204j:plain

f:id:kennzya:20190227214210j:plain

先ほどのハートレスからテラの心が出現し自らの体の中に。

ここでゼアノートの心が消滅し、完全にテラの心だけになったんだね。

f:id:kennzya:20190227214352j:plain

f:id:kennzya:20190227214357j:plain

f:id:kennzya:20190227214406j:plain

f:id:kennzya:20190227214412j:plain

これでようやく、3人が長い長い時を経て再会することができた。

これもまたソラの繋がる心がもたらした奇跡というか力というか。

本当に本当によかった(ノ△・。)

ここで僕はガチでボロ泣きしたからなー笑

f:id:kennzya:20190227214605j:plain

f:id:kennzya:20190227214610j:plain

f:id:kennzya:20190227214614j:plain

ソラは何事もなかったかのように、爽やかな笑顔だよなー。

本当に皆の幸せだけを願ってる。

13機関にすら、今までのあの態度だから、全ての人に対してソラは光という存在なんだろうな。許せないところや怒りに身を任せる時もあるけど、そういう時は周りの仲間という光がまたソラを救ってくれる。そして、またソラという光は誰かを救う。

これの繰り返しって本当に凄いわ(*゜v゜*)

と、言う事でテラ復活劇はこれにて終わります(○゜ε^○)v 

 

まとめ

今回も最後までよんでいただきありがとうございました!

無事にねテラも救えて、これで光側が徐々に回復しつつあります。

未だにカイリはさらわれたままだけどさ_(^^;)ゞ

今回もちろん感動したんだけど、ヴァニタスにしてもテラにしてもちょーーっと物足りなさを感じてしまったのも事実かな。

というのも、ゼアノートとテラが心の深層心理で2人だけで戦うという戦闘があってもよかったんじゃないかなーとも思った。

キングダムハーツⅡのソラとロクサスみたいな感じに。

そこで、ゼアノートに打ち勝ちはじめて自分の心と体を取り戻すっていう描写を描いても面白かったのになーとも思った。

結局っていうとちょっと言葉がアレですが、ソラの助け合って偶然助かった感も僕は感じてしまったかな。

テラ自身が自分の闇の部分に打ち勝った!とはちょっと言いがたいような気もした。

ま、でも、何度もいいますが、感動してボロ泣きしたし、ストーリーとしては最高なのでこれはこれでOKなんですけどね_(^^;)ゞ

 

と、言うわけで今回はここまで!また次回のブログも見てねヾ(*'-'*)マタネー♪

 

↓前回の記事はこちら↓

www.yuablog.jp