ゆあのゲームブログ

最新ゲームやレトロゲームなど僕のオススメのゲームの攻略・プレイ日記・レビューなどを書いてます。

ゆあのゲームブログ

トゥーンタウンから飛び出したとっても可愛いウサギのゲーム!「ロジャー・ラビット」をご紹介!

f:id:kennzya:20191017085659j:plain
(^-^*)/コンチャ! ゆあです。(@yua_gameblog)

 

遂に!ようやく!やっと!見つけた!

今日はこちらのゲーム「ロジャー・ラビット」についてお話ししたいと思います。

ずっと探していたゲームで、見てよこのパッケージ!

めちゃくちゃ可愛くない?(o^-^o)コレクション棚が一気にポップな雰囲気に包まれました!

では、早速ですが詳しくお話ししていきます。

作品情報

f:id:kennzya:20191017080837j:plain

製品名:ロジャーラビット

ハード:ファミリーコンピュータ ディスクシステム

ジャンル:アクションパズル

発売元:コトブキシステム

開発元:コトブキシステム

発売日:1989年

 

激レアゲーム!ロジャー・ラビット

f:id:kennzya:20191017081520j:plain

そもそも、どうしてこのゲームがレアなのか?手に入りにくいのか?というお話しからさせていただきます。

こちらのゲームは任天堂から発売されていたファミコン ディスクシステムというハードのゲームソフトです。

ロジャー・ラビットは1989年に発売されたゲームで 今から30年も前のゲーム!

めちゃくちゃ古いよね!

 

そんな古いゲームなので完品を探すのが一苦労という点からレア度が上がっています。

なにより、画像の一番左に見える透明のケースですが、ファミコンやスーファミで言う外箱です。

 

ファミコンやスーファミもカセットだけは良く見るけど箱付きってあまり見ないですよね?それと同じです。

こちらの透明のケースがそもそも欠品していることが多く、残っている事が珍しいです。

また、透明のケースに貼られているゲームタイトルの小さなステッカーとバーコードも剥がれておらず、しっかりと残っているのがかなり貴重。

 

そもそもディスクシステムのゲームを取り扱っている店舗が今となってはほぼ無いので、探すことすら出来ない現状なんですよね_(^^;)ゞ

 

では次にこちら

f:id:kennzya:20191017082112j:plain

完品のゲームには必須とも言える説明書です。

ディスクシステムのゲームの説明書は画用紙のような手触りで痛みやすいんですよね。

更に30年前の紙ということを考えると、なお更です。

 

しかし、説明書はめちゃくちゃ綺麗で折れや破れがなくかなりの美品!

色あせも無く、説明書が綺麗だったから購入したと言えるぐらいです(o^-^o) 

逆に説明書がボロボロだったら買わなかったかも_(^^;)ゞ

 

そしてこちらがゲームソフト

f:id:kennzya:20191017083327j:plain

もちろんCD系でもないし、ファミコンのようなカセットでもなく、フロッピー型をしています。

20代の方でも馴染みのないフロッピーディスクです。

 

昔で言うディスクとはフロッピーディスクだったんですね(o^-^o) 

こちらA面B面とあって、まずはA面から読み取り、その後B面に入れ替えてゲームを遊びます。

 

ここで問題なのがA面はうまく起動してもB面が壊れている。

そもそもA面が壊れていて起動しない。

なんてことが当たり前のようにあるのがディスクシステムです。

 

更に言うとパッと見ダメージがないけど、年数劣化で自然と壊れてしまったというパターンもある。

なので、ちゃんとゲームが起動でき、更に透明ケース、説明書とこの3点が完璧に揃っているものが今となってはなかなか無いので、レアゲームとなっていくわけです。

 

では、このゲームがどのようなゲームなのか?

ご紹介したいと思います!

 

ロジャー・ラビットはこういうゲーム

f:id:kennzya:20191017085659j:plain

まずはゲーム開始画面。

真ん中にロジャーラビットが現れディスクをB面に入れ替えてくれ!というメッセージが表示されている。

ここでB面に入れ替える事によりゲームが始まります。

もう、この段階でめちゃくちゃ可愛いよね(o^-^o) 

f:id:kennzya:20191018080812j:plain

ゲーム内容は至ってシンプルで、全60ステージが存在しており、各ステージに散らばっているハートを全て集めるとクリアとなり次のステージへ進むことができます。

 

ただ、ハートを集めるだけではなく、階段の上り下りや扉の存在、敵がいるので、敵をかわしながらハートを手に入れたり、攻撃アイテムを手に入れて敵を倒しながらハートを手に入れなくてはいけない。

当時はこういったシステムのゲームが大半でめちゃくちゃ面白かったんだろうなーと思いながら遊んでみました(o^-^o) 

 

今となってはシンプル過ぎて面白くないと思う人も多いかもしれないけど、僕が思うにこれが、ザ・ゲーム!という感じですねー!

こういったレトロな雰囲気が好きな人、またはロジャー・ラビットが好きな人はハマるのではないでしょうか?

 

シンプルなゲームだからこそ、小さなお子さんでも遊べると思いますしね(o^-^o) 

 

こんな人にオススメ

とにかくレトロゲームが好きな人にオススメ!

ロジャーラビットと言えばディズニー好きや女の子にも人気のキャラクターなのですが、とにかくゲームをやるのに専門的な知識が必要で、ゲームに詳しくないと難しい。

 

ファミコン本体とディスクシステム本体が必要ですからね。

ゲーム自体は小さなお子さんも遊べる内容となっているのですが、遊べる環境がかなり限られてしまいます。

 

まとめ

と、いうことで本日はここまで!

探しに探していたファミコン ディスクシステムのロジャー・ラビットが完品で手に入り本当に嬉しかったので、ブログにまとめてみました!

一応アマゾンでも購入できるそうなので、気になる方はいかがでしょうか?

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

ヾ(*'-'*)マタネー♪

ロジャーラビット ディスクシステム / Roger Rabbit Disk System

ロジャーラビット ディスクシステム / Roger Rabbit Disk System

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: おもちゃ&ホビー

アマゾンボタン200