ゆあのゲームブログ

海外のゲーム、マイナーなゲームを主にレビュー記事を書いています。時より最新ゲームのレビューや攻略も書いています。

ゆあのゲームブログ


【レビュー】PS3『パペッティア』人形劇を観ているかのような演出でファンタジーな世界に引き込まれるアクションゲーム!【評価・感想】

(^-^*)コンチャ! ゆあです。(@yua_gameblog)

 

本日は、演劇を観ているかのような演出でファンタジーな世界に引き込まれるアクションゲーム『パペッティア』のレビュー記事です。

ネタバレ内容が含まれますのでご注意してください。

 

PS3を買ったら絶対遊んでみたいゲームのひとつだったので、早速購入。

 

まずパッケージを見て面白そうって引き込まれた本作は、名前の通りパペットの人形劇のようにゲームが進んでいく今までに見たことない演出をされていて期待が高まりました。

 

しかも、ただの人形劇ではなく、メタ発言やブラックジョークなどユーモア溢れる面白おかしく出来上がっていました。

 

アクションに関しては横スクロールアクションなのですが、グラフィックはめちゃくちゃ綺麗で2Dではなく3Dの横スク。

 

なんでも、子供の魂が人形に閉じ込められていて、色々な【頭】を入れ替えたり、【カリバス】という何でも切れるハサミを使ってステージをクリアしていくものになっていました。

 

とにかくめちゃくちゃ面白いパペッティア、率直な感想をご紹介するとともに『よかった所』『わるかった所』もご一緒にご紹介させていただきます。

 

ファンタジーな世界観が好きの方、大冒険するようなストーリーが好きな方、アクションゲームが好きな方におすすめのゲームです!ぜひ参考にして下さい。

 

このゲームを簡単に説明すると

10点満点中【9点】

  • 子供も楽しめるファンタジー溢れるストーリーが魅力的

  • 操作はいたって簡単でサクサク進められる

  • 美しいデザイン、グラフィックで人形劇を観ているかのような演出

 

作品紹介

f:id:kennzya:20210123230412j:plain

作品紹介
製品名 パペッティア
ハード プレイステーション
ジャンル アクションアドベンチャー
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
開発元 SIEジャパンスタジオ
発売日 2013年9月5日

 

プレイ後の感想

f:id:kennzya:20210127111139j:plain

率直な感想としては

「なにこれ!こんな演出のゲームはじめて出会ったわ!」と驚くほどめちゃくちゃ面白かった

 

まず驚いたのは冒頭でもお話しした【人形劇の様な演出】です。

 

どういうことかというと、それっぽくただムービーが流れるというものではなく、今自分がプレイしているゲームが、舞台上で演技をしているキャラクターを操作している感覚になるということ。

 

どう表現しかいいか難しいのですが、常に舞台上では役者が演技をしており、主人公も敵も黒幕も全て役者。

 

そして、僕らプレイヤーはお客さんとして、演技を観に来ている感覚になり、ゲームの中ではキャラクターが観客である僕らプレイヤーに呼びかけたり、メタ発言や、ユーモア溢れるブラックジョークを言ったり。

演出として、他のお客さんも居るかのような話し声や拍手の音まで入っています。

 

本当に人形劇さながらの演出なんです!

 

本作はアクションゲームで、3D横スクロールのアクション。

 

f:id:kennzya:20210123230428j:plain
難易度はステージを進むにつれ、様々なギミックを使いステージをクリアしていくことになるのですが、ステージをクリアしていく過程でキャラクターがめちゃくちゃ喋るし、ナレーションというか司会の実況まで聞けます。

 

アクションで面白いなーと思ったことが2つあり、1つは本作の主人公『クウタロウ』は元々人間なのですが、魂を人形に入れられてしまった子供。

 

人形は様々な形の頭に入れ替えることができるのですが、逆に頭がなくなってしまうと死んでしまうという設定です。

 

常に頭を落とさないようにステージをクリアしていかなくてはならないのですが、頭が主人公のライフになっていて、3つまで頭をストックできるのですが、敵の攻撃を食らってしまうと頭を落としてしまいライフが1つ減るというシステム。

 

万が一落としてしまっても、急いで拾うことで失わずに済むこともでき、そういう細かい設定がまたツボでした。

 

頭はステージ内の道中で手に入れることができるのですが、中にはレアな頭もありコレクション要素も兼ね備えています。

 

頭の種類によって特殊なダンスを踊ることができ、それによって隠されたボーナスステージへ行けるようになったりと、エンドコンテンツとして楽しめる要素も十分あり、ゲーマーもついついハマってしまうかと思います。

 

もう一つは唯一の武器である「ハサミ」です。

 

f:id:kennzya:20210123230445j:plain

ギミックを避けたり、使ったり、敵を攻撃したり、本作ではハサミを使ってゲームをクリアしていきます。

 

今までにハサミを使ってクリアしていくアクションゲームなんてやったことないので、これまた斬新な気持ちで遊べました。

 

とにかく、アクション性、グラフィック、演出、デザイン、全てにおいて僕のツボでした。

 

その中でもより詳しく『よかった所』『わるかった所』としてご紹介させていただきます。

 

よかった所

ディズニーっぽいミュージカル風の音楽がある

f:id:kennzya:20210123230457j:plain

ここまで演劇とか演出がすごいと褒めまくっていますが、途中途中にミュージカル並の音楽や歌も入り、めちゃくちゃよかった。

 

ディズニー映画のような歌の入りだったり、GBMが壮大で世界観に引き込まれました。

 

サントラがあるなら買ってもいいかなーと本気で思わせてくれた音楽でした。

 

他のアクションゲームに引けを取らないアクション性

f:id:kennzya:20210123230510j:plain

こういった可愛らしい内容のゲームって難易度低くて面白くないでしょ?と思いがちですが、全くの逆で色々なアクションゲームを遊んでいる僕でも満足できる難易度と内容でした。

 

様々なステージには葉っぱ、雲、布、ロープといったギミックがあり、これらをハサミで切りながら、移動したり、崖を登ったりしてステージをクリアしていきます。

 

ステージを進めば進むほど難しくもなっていくので、アクションゲーム好きの人は楽しく遊べますし、気が付いたらサクサク進んじゃってるので、テンポがよく気持ちよく遊べましたね!

 

特にボス戦はギミックを使って攻撃したりしていくので、コロコロ変わる展開に付いていくのもやっとな面白さ。

 

ボリュームたっぷりで長く遊べる

f:id:kennzya:20210125183341j:plain

ステージごとに隠された頭を探しコレクションしたり、隠されたボーナスを探したり、本編をクリアした後でも楽しめる『エンドコンテンツ』がしっかり用意されているし、そもそも本編のボリュームも多く、長く遊べるようになっていました。

 

わるかった所

これといって悪かったと思うところが本当になかった。

 

本作の評価点数を9にしたのは、強いて言うなら後半のステージはもっと難しくてもよかったのかなーと個人的に思ったので9点にしました。

 

ただ、これが悪かった所にはならないので、書くことでもないと思い、本作は僕にとってかなりの良ゲーでした。

 

動画でご紹介

こちらの動画は公式の動画を引用させていただいております。

 

まとめ:パペッティア

ゲームとお芝居が融合したようなゲームで、かなり楽しませてもらいました。

アクションゲームが好きな人にめちゃくちゃおすすめしたい一作が見つかった!という感じです。

 

続編を望んでいるユーザーも多いらしく、ひょっとしたらあるかもしれないですね。

 

ではでは最後まで読んでいただきありがとうございましたー!

(*'-'*)マタネ

パペッティア - PS3

パペッティア - PS3

  • 発売日: 2013/09/05
  • メディア: Video Game

アマゾンボタン200