ゆあのゲームブログ

最新ゲームやレトロゲームなど僕のオススメのゲームの攻略・プレイ日記・レビューなどを書いてます。

キングダムハーツ3 攻略 プレイ日記#4-リクとミッキー最強コンビ-

こちらの記事はキングダムハーツ3の攻略&プレイ日記です。

ネタバレ内容が含まれる恐れがありますので注意してください。

 

闇の世界

f:id:kennzya:20190127182214j:plain

オリンポスの世界を救ったソラ達は一度イェンシッド様の元へ帰ることになったんだけど、その間、アクアを闇の世界で見つけ救出する目的でミッキーとリクが闇の世界へ向かった。

 

今回、僕は闇の世界の冒険するのは初めてなのでワクワクしております。

一応過去作の内容は全て頭に入っているつもりですが、実際にプレイしたことある作品は全てではなく闇の世界はプレイしたことがありませんでした。

なので、凄くワクワクしてました。

f:id:kennzya:20190127182517j:plain

ミッキーとリクはアクアとの繋がりを頼りに闇の世界をずっと探索してたみたい。

闇の世界では時間の概念がなく、光もないから凄く辛そうな世界だよね。

それでも、まだ光で居続けるアクアは本当に素晴らしい人だと思うよ(/_<) 

そんなアクアの繋がりを辿っているとある場所に到着する。

f:id:kennzya:20190127182720j:plain

闇の世界の海岸

この場所はキングダムハーツ2以降度々出てくる場所だよね。

ロクサスやアンセムやアクア。

そして、ソラやリクも。

いろいろなキャラクターがここの場所で映し出された場所。

 

そしてミッキーが「アクアの繋がりはここで途絶えた」と。

これ以上は闇が深くて行けないとのこと。

もうちょっとでアクアに辿り付けたかもしれないのに仕方ない・・・

 

すると、シャドウがうじゃうじゃ(゜ロ゜;)

f:id:kennzya:20190127183013j:plain

このシャドウの塊、名前なんだっけか?笑

アクアとミッキーも戦っていた蟻の集合体です笑

ミッキー曰く、闇の世界のハートレスは光の世界のハートレスと比べて強力だから気をつけて!とのこと。

 

ここでリクが操作可能になります。

基本的にはソラ同様、攻撃ボタンを連打していてもよいですが、先ほどミッキーが言ったように攻撃力が物凄く高く強かったです。

だからなのか、リクのHPはソラの3倍ぐらいあり、魔法もはじめからケアルが使えました。このケアルに3回程助けられました_(^^;)ゞ

 

他にはサンダーも覚えており、魔法と攻撃を上手いこと組み合わせながら攻撃をしているとなんとかギリギリでしたら倒せました。

一応スタンダードモードでプレイしているのですが、やはり期間が空いているせいか、色々と鈍ってるみたい_(^^;)ゞ

今後のボスが不安です。

そしてシャドウ達を倒すと、なんと・・・

 

リクのキーブレードが折れてしまいました!

 

ってか、キーブレードって折れるのか・・・

始めて知りました。

ここまで進むのに強力なハートレスとの戦闘で痛んでしまったみたいです。

ミッキーのキーブレードも痛んだみたいで後にイェンシッド様にこの事を伝えます。

 

そして、折れてしまったキーブレードは闇の世界へ置いていくことを決意します。

f:id:kennzya:20190127183547j:plain

f:id:kennzya:20190127183553j:plain

 

もう1人の俺のために

ん?これはどういうことだろう?

多分ですが、忘却の城で出てきたレプリカリクのことでしょう。

公式のトレーラーでも出てましたし、実際に使ってましたからね_(^^;)ゞ

ただ、レプリカリクがこの闇の世界に居る?それとも後に訪れる?ということでしょうか?かなり興味深い伏線ですよね。

 

そしてこの後、一度闇の世界から出て、イェンシッド様の元へ帰ります。

f:id:kennzya:20190127183850j:plain

ここでリク、ミッキー、ソラ、ドナルド、グーフィーが揃い新しい任務が決まります。

リクとミッキーは折れたキーブレードについて魔法使いのマーリンのところへ。

ソラ達はオリンポスで得られなかった力の戻し方を探しに違うワールドへ行きます。

ここでキングダムハーツお馴染みのジミニーとも再開。

f:id:kennzya:20190127184052j:plain

今回もジミニーメモがあることからコンプリート要素があるので凄く楽しみですね。

やっぱりやりこみ要素もあると更にやる気でてきます。

 

ではでは続きはまた明日ヾ(*'-'*)マタネー♪

 

↓前回の記事はこちら↓

www.yuablog.jp