ゆあのゲームブログ

PS4最新ゲームやレトロゲーム、スマホゲームなどの攻略・プレイ日記・レビューなどを書いてます。ただいま「スパイロ×スパークス」のプレイ日記を書いております。

キングダムハーツ3 攻略 プレイ日記#final-遂に完結-

こちらの記事はキングダムハーツ3の攻略&プレイ日記です。

ネタバレ内容が含まれる恐れがありますので注意してください。

 

(^-^*)/コンチャ! ゆあです。

タイトルにもあるように今回でキングダムハーツ3のストーリーは終了致します。

果たしてどのようにエンディングを迎えるのか皆さんと一緒に見ていきたいと思います!

 

スカラアドカエルム

いよいよ最後の地スカラアドカエルムにやってきました。

明らかに決戦の地っていう雰囲気バンバンでてますねー。

f:id:kennzya:20190303210903j:plain

f:id:kennzya:20190303211110j:plain

何故か住人らしき人物はおらず、しずかーな町並み。

探索でもするのかと思いきや・・・

f:id:kennzya:20190303211349j:plain

f:id:kennzya:20190303211354j:plain

いきなり出来たこいつら誰や笑

趣味悪い格好だし(-_-;

良く見ると人数が12人いるところからして13の器で出来たものだろうね。

ここからこいつらと戦闘になります。

f:id:kennzya:20190303211722j:plain

一人一人武器や攻撃のパターンが違うみたいで、良く見ると器にされた13機関メンバーの武器を操って攻撃してきます。この事からやはり器にされた人で出来ているんだろうね_(^^;)ゞ

スカラアドカエルム全体が戦闘のフィールドっていう感じです。

一人一人戦闘ではなく束になって襲い掛かってくるけど、戦闘フィールドが広い為か危なくなったら意外と逃げられるので落ちついて回復をちゃんとすれば苦戦することないかと思います。

 

更に言うと魔法がかなり有効に思えました。

特にエアロガでハメっぽいことも可能なので、正直エアロガ連発していれば勝てる勢いです笑

そして、この敵を倒すと

ゼアノート戦

f:id:kennzya:20190303212136j:plain

f:id:kennzya:20190303212140j:plain

このゼアノートの台詞。

かつてのキーブレード使いの都っていうことは、キーブレード使いが住んでいた場所ということでしょうか?

ここの都も謎が凄く多いんですよね。

そもそも、ここのエリアに入るとさきほどの仮面の敵とすぐ戦闘に入るため、探索が出来ないんですよね_(^^;)ゞ

もうちょっとゆっくり探索したかったです。

f:id:kennzya:20190303212402j:plain

f:id:kennzya:20190303212411j:plain

ここからゼアノートの戦闘に入るのですが・・・

おいおい笑

なんだいこの姿≧(´▽`)≦

流石にはじめ笑っちゃったわ。

牛鬼みたいな頭っていうか、ジャンプで連載していた某死神漫画の敵にこんなやついなかったっけ?笑

ちょっと拍子抜けしてしまったよ(-_-;

f:id:kennzya:20190303212628j:plain

f:id:kennzya:20190303212633j:plain

戦闘する場所は同じくスカラアドカエルムなんだけど、街がひっくり返った世界だったり、急に水中戦になったりと、ハチャメチャな展開。

でも、この段階ではつえーーーっていう感じにはならなかったな。

f:id:kennzya:20190303212758j:plain

ここでの戦闘に勝つと先ほどの牛が破壊されもとのゼアノートに。

これ思ったんだけど、テラ、ヴェン、アクアそしてエラクゥスって鎧姿になるけど、ゼアノートの鎧姿ってこの牛だったのかな?_(^^;)ゞ

ちょっとダサい・・・笑

f:id:kennzya:20190303213104j:plain

するとここから第二形態へ

f:id:kennzya:20190303213200j:plain

f:id:kennzya:20190303213205j:plain

f:id:kennzya:20190303213213j:plain

f:id:kennzya:20190303213217j:plain

f:id:kennzya:20190303213222j:plain

キングダムハーツからゼアノートを引き離せば事態はとりあえず収まるかと思いきや、そうではなかったみたい。

ゼアノートが全てのソラは繋がっているというように、この世界もまた繋がっているのでしょう。

f:id:kennzya:20190303213405j:plain

ここからが本当のラスボス戦っていう感じで戦闘していくと次々戦闘スタイルが変わり結局、第三形態ぐらいまであるのかな?

いつものことながら戦闘はカットしようかと思います<(_ _)>

戦闘の解説とかしだすとめちゃくちゃ長くなってしまいそうなので_(^^;)ゞ

f:id:kennzya:20190303213546j:plain

f:id:kennzya:20190303213551j:plain

f:id:kennzya:20190303213558j:plain

ブログではあっという間にこれで倒してますが、戦闘はなかなかの白熱した戦いで、今までに無い感動する演出もありましたが、ちょっとブログだと説明しずらいのでそれは是非皆さんで遊んで欲しいところです(o^-^o) 

そして、ここからが本当のクライマックス。

お写真多めで見ていきます。

f:id:kennzya:20190303213836j:plain

f:id:kennzya:20190303213841j:plain

f:id:kennzya:20190303213846j:plain

f:id:kennzya:20190303213852j:plain

f:id:kennzya:20190303213857j:plain

f:id:kennzya:20190303213901j:plain

f:id:kennzya:20190303213906j:plain

f:id:kennzya:20190303213911j:plain

f:id:kennzya:20190303213921j:plain

f:id:kennzya:20190303213927j:plain

結局のところゼアノートのやりたいこと、やってきたことというのは、

「世界の浄化」

元々世界の起源は闇で、その闇から光が生まれ、人が生まれ、心が生まれたと。

しかし、心に悪意が生まれ結局闇が生まれると。

そうやって闇が世界を覆い、結局は闇になる。

ゼアノート曰く、今のこの世界は失敗に終わったと。

だから、光であるキングダムハーツを使い、世界を元からはじめればいいと思っていたんだね。

だから、ゼアノートも元々は光で世界をいっぱいにしたいと思っていた。

しかし、その想いがちょっと歪んでしまって結局、光を求めていたゼアノートが闇になってしまったと。

 

なんか皮肉だよなー。

 

f:id:kennzya:20190303220405j:plain

f:id:kennzya:20190303220410j:plain

f:id:kennzya:20190303220416j:plain

f:id:kennzya:20190303220421j:plain

f:id:kennzya:20190303220428j:plain

f:id:kennzya:20190303220437j:plain

f:id:kennzya:20190303220449j:plain

f:id:kennzya:20190303220454j:plain

ソラいいこというよなー。

本当の強者はそんな力を使わないか・・・

このソラの想いでゼアノートはエラクゥスを感じたんだな。

f:id:kennzya:20190303220640j:plain

f:id:kennzya:20190303220645j:plain

ここでキーブレード墓場にいた皆がこちら側へ駆けつける。

f:id:kennzya:20190303220734j:plain

f:id:kennzya:20190303220741j:plain

f:id:kennzya:20190303220746j:plain

f:id:kennzya:20190303220758j:plain

f:id:kennzya:20190303220803j:plain

f:id:kennzya:20190303220808j:plain

f:id:kennzya:20190303220816j:plain

きたーーーーーーー!

お師匠のエラクゥス。

BBSの時、テラと戦い破れた際、実はあの時、テラの心の中に自分の心を置いていったんだね。うすうす気がついてはいたけど(o^-^o) 

f:id:kennzya:20190303221037j:plain

f:id:kennzya:20190303221042j:plain

f:id:kennzya:20190303221049j:plain

f:id:kennzya:20190303221055j:plain

f:id:kennzya:20190303221100j:plain

f:id:kennzya:20190303221107j:plain

f:id:kennzya:20190303221117j:plain

f:id:kennzya:20190303221122j:plain

f:id:kennzya:20190303221029j:plain

まだ、若かった頃のゼアノートはやはり、光を見ていたのだろうか。

結局、ゼアノートも被害者だったのかもしれない。

f:id:kennzya:20190303221337j:plain

f:id:kennzya:20190303221343j:plain

f:id:kennzya:20190303221347j:plain

f:id:kennzya:20190303221352j:plain

f:id:kennzya:20190303221357j:plain

f:id:kennzya:20190303221403j:plain

f:id:kennzya:20190303221409j:plain

f:id:kennzya:20190303221413j:plain

f:id:kennzya:20190303221417j:plain

f:id:kennzya:20190303221422j:plain

f:id:kennzya:20190303221427j:plain

そして、最後ゼアノートからXブレードを託されたソラが皆の仲間の力を借りキングダムハーツを元に戻し、これにてキングダムハーツ3のメインストーリーが終わります。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

キングダムハーツ3のメインストーリーはこれで終わりました。

正直言うと僕の主観ですが、かなり物足りなかったです。

というのも、キングダムハーツ3で今までの謎や黒い箱の中身が分かると期待していたのですが結局分からず、むしろ謎が増えユニオンクロスを絡めてきたから_(^^;)ゞ

更に、終わり方がかなり微妙でした(ノ△・。)

ゼアノートのやりたかった事も分かるのですが、なーんか味気ない_(^^;)ゞ

しかも終盤早足でストーリーの内容が薄くどんどん進んでいくのでストーリーがペラペラ・・・これが本当に待ち望んでいたキングダムハーツ3だったの?と思えるほどでした。

 

だが、しかし・・・

 

実はこれ、全て裏があるんですよ!

ここまで聞くと僕が批判しているように思えるのですが、それも全て裏があったのです!このままエンディングを進めていくとあるムービーがはじまります。

そう、エピローグです。

 

全てはこのエピローグで分かります。

というか衝撃の事実が発覚します。

ずばり先に言うと13機関の中に「ルシュ」が居たのです。

 

実はゼアノートもこのルシュによって操られていたというか、誘導されていたというか、手のひらで踊らされていたとかいうか、全て仕組まれていた事だったんですよね。

 

次回の記事ではルシュとは誰なのか?

13機関の誰がルシュだったのか?

エピローグの本当の意味とは?

 

そういう隠された真実のお話しをさせていただきます(o^-^o) 

ではでは今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ヾ(*'-'*)マタネー♪

 

↓前回の記事はこちら↓

www.yuablog.jp