ゆあのゲームブログ

最新ゲームやレトロゲームなど僕のオススメのゲームの攻略・プレイ日記・レビューなどを書いてます。

ゆあのゲームブログ

キングダムハーツ3 攻略 プレイ日記#23-サイクスはスパイ?-

こちらの記事はキングダムハーツ3の攻略&プレイ日記です。

ネタバレ内容が含まれる恐れがありますので注意してください。

 

(^-^*)/コンチャ! ゆあです。

さて、前回ようやく光の守護者が7人揃いいよいよ決戦の地、キーブレード墓場へ向かおうとしていたところですが、ここで一回また伏線を回収することになります。

今日はそちらをお届け!

サイクスの想いと行動

ロクサスをまだ救えていないアクセルは一人トワイライトタウンへ

f:id:kennzya:20190219123959j:plain

今作のアクセルはずっと悲しそうな顔をしているよね(ノ△・。)

ロクサスとシオンを救いたい気持ちでいっぱいなんだろうなー。

何故かシーソルトアイスを3人ぶん買ってしまったアクセル。

いつもの時計台のところでロクサスを想っていると・・・

f:id:kennzya:20190219124142j:plain

f:id:kennzya:20190219124157j:plain

いやいやいや笑

サイクスさんそりゃ緊張というか身構えますわ笑

一応サイクスは今のところ敵側。

でも、アクセル(リア)とは親友関係なわけで複雑だよなー。

でも、サイクスもきっとわけがあって今の立ち位置にいると思うんだ。

 

謎の友達

ここで2人の過去が色々明かされるのですが、「友達」というキーワードが出てきます。

f:id:kennzya:20190219124452j:plain

f:id:kennzya:20190219124457j:plain

ヴェンとレイディアントガーデンで知り合った時の二人は親友同士で城に忍び込もうとしていたよね。

それは、そこで出来た友達を救い出すためだった?それにその為に賢者アンセムに弟子入りしたとか。

ここでいう友達って誰のことだろう?

ヴェンのこと?でも、ヴェンっていう線は薄いよなー。

だって、城に行ってないと想うし、その頃からシオンのような存在が居た?

…c(゜^ ゜ ;)ウーンよく分からん。

 

そして、ここでもう一つこの2人は賢者アンセムに弟子入りをしていたという事実。

ここで、前回の記事でヴィクセンが言っていた計画の首謀者は彼というのがサイクスなのではないか?と僕は想いました。

その彼とは正式メンバーかる償いという言葉を出している事から、僕はサイクスではないかと想った理由がこれだったわけです。

f:id:kennzya:20190219125117j:plain

そして、賢者アンセムの弟子になったのはいいが、知らないうちに賢者アンセムは行方不明に。

さらにアクセル曰く、知らないうちにノーバディになって、知らないうちにサイクスはゼムナスの側近になっていた、と。

更に更にゼアノートの研究材料だった「あの子」を救い出すためにはこれが近道だと想っていたと。 

 

…c(゜^ ゜ ;)ウーン

ここに出てくる「あの子」って誰だろう?

その友達のことだとは思うんだけど、あの子っていう表現からして女の子の事を指しているように思える。

そうなるとやはり、シオンのことなんだろうか?

f:id:kennzya:20190219125600j:plain

f:id:kennzya:20190219125605j:plain

んで、そのあの子については、最初から居なかったのではないか?そう思うようになったと。

ん?ん??ん???

つまりどういうこと?笑

 

アクセルもサイクスもそこにあの子が居ると記憶していたにも関わらず、本当はそこに居なかったのかもしれないということだろうか?

哲学すぎて分からん笑

つまり、居たのか居なかったのかそこをハッキリしてほしいよね。

 

そして、サイクスの目的がいつしか変わっていったとのこと。

はじめは、あの子を探すために弟子入りをして、気がついたらノーバディになっていて、それでも探していたけど、実はそこには居ないのではないか?と疑問に思いはじめ、そしていつしかその目的から外れ、違う目的に変わっていったと?

 

まーだ、謎というか伏線とかいうか、出してくるのかーって感じ。

もう、ノーバディやめてアクセルと一緒に光側にこいよって思っちゃうけどね_(^^;)ゞ

それはまた違うんだろうな。

 

でも、ヴィクセンの言っていた首謀者がサイクスなら光側に動いているのかもしれない。まだなんとも分らないけど_(^^;)ゞ

 

…c(゜^ ゜ ;)ウーン

 

それが今までのサイクスの想いと行動だったのだろうか。

そしてシーンは代わり

レプリカ=リクとリク

 昔と違い丸くなったなーと思ったレプリカリク

f:id:kennzya:20190219130327j:plain

f:id:kennzya:20190219130333j:plain

f:id:kennzya:20190219130337j:plain

レプリカ=リクの中でもまたひとつ強い想いというものが芽生え始め、ロクサスみたいな事を言い出したなーと思った。

レプリカ=リクとしてではなく、リクの心の中に溶けるのも悪くないと。

それはそれで、嬉しいのかな?_(^^;)ゞ

でも、リクはそれを受け入れる器というか、男というか。

 

今思うとレプリカ=リカも可愛そうだよなー。

勝手にヴィクセンの研究のために作られて、変に心が芽生えたせいで色々苦しんでると思うとねー。まーでも、今後助けになるシーンっていうものがあるんだろうけど、ここは切なさよりも複雑な気持ちになったな_(^^;)ゞ

 

こんな珍しい良いシーンの隣でソラとカイリはいちゃついていたからな!

f:id:kennzya:20190219130815j:plain

f:id:kennzya:20190219130820j:plain

うらやま・・・・

じゃない!この野郎ーーーー!(`×´) 

絶対カイリを泣かせるなよ(`×´) 笑

 

まとめ

ということで、今回はキーブレード墓場の前日といったところでしょうか。

皆決戦の前に各々想う事考える事があるような感じっていう感じでした。

ちょびっと次の記事のネタバレになるますが、このほんわかした感じが一転。

次回は絶望に変わります。

それはまた、次回の記事を見ていただけるとお分かりになるので是非最後までみていただけると嬉しいです(*゜v゜*)

では、今回の最後までありがとうございました<(_ _)> 

 

↓前回の記事はこちら↓

www.yuablog.jp