ゆあのゲームブログ

海外のゲーム、マイナーなゲームを主にレビュー記事を書いています。時より最新ゲームのレビューや攻略も書いています。

ゆあのゲームブログ


【レビュー】海外よりも12年遅れてようやく発売したジャック×ダクスター3【評価・感想】

f:id:kennzya:20200409085121j:plain

(^-^*)/コンチャ! ゆあです。(@yua_gameblog)

 

本日は日本未発売の作品『JAK3』のレビューを書いていきます。

こちらは前作であるジャック×ダクスター2の続編です。

 

いよいよプリカーソル文明の謎が明らかになり、1と2以上のスケールのでかさ!

広大なマップをオープンワールドで探検していこう!

それでは早速いってみましょう!

 

本記事の内容

  • プレイステーション2のアクションゲームを探している方
  • ラチェット&クランクのような大冒険をするゲームを探している方
  • 謎解きアドベンチャーが好きな方

など向けに書いております。

 

作品紹介

作品紹介
製品名 JAK3
ハード プレイステーション4
ジャンル アクションゲーム
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
開発元 ノーティードッグ
発売日 2017年
備考 (※北米では2004年にプレイステーション2で発売されている。)

 

率直な感想

前作の続きということもあり、もちろん神ゲー!

本作もオープンワールドだが、外のマップが広すぎて悪く言うと迷う笑

良く言うと、めちゃくちゃ探索が出来て楽しかったです。

 

本作は今までのジャックの要素が全て入っていて、そこに新しいアクション、ミニゲーム、新しい乗り物、さまざまなゲーム要素がプラスされているので、今までのジャックの集大成とも言える作品でした。

 

特に車。

ゲーム内で車というかバギー?が出てくるのですが、ミニゲームのレースが個人的にはめちゃくちゃ面白かった。

後に海外限定で発売されたJak Xという作品があるのですが、こちらはレースゲームが主体となっている。

これを見ても、初めからレースゲームを作る勢いで作っていたのかな?笑

(PS4ストアでJak Xを購入することが出来ます。)

 

他にも前作で出てきた銃ですが、本作ではカスタマイズが出来るようになり、銃アクションの幅がめちゃくちゃ広がっています。

それこそ、ラチェット&クランクのように銃をバンバンぶっぱなしながら進めていく事ができます。

 

また、ジャックのアクションもかなり増えていて、前作のアクションはもちろん全て健在。ダークモードの対となる力でライトモードという光のエコを使った技があるのですが、これまたカッコイイ!空も飛べちゃうしね!

 

それともう1つ!

ダンジョンや謎解きもスケールアップしていました。

バギーで銃をぶっぱなしながら進む洞窟や海底探索、今までに無いエリアを沢山できるようになっていて、ボリュームも物凄いことになっています。

 

とにかく、ジャックのファンなら絶対にプレイしないと損です!

ボイス、字幕、全て英語ですが、ジャックのアニメーションは見ていてなんとなく雰囲気で会話が分るし、2同様に目的地にはアイコンが表示されるので、行き先が分らなくなるということもない。

1で登場したプリカーソル文明についても、謎が全て明らかになるので、是非遊んで欲しい作品です。

 

 Jak3ってどんなゲーム?

f:id:kennzya:20200409085121j:plain

本作はノーティードッグ社が開発し2017年に日本で発売したゲーム。

実は北米では既に2004年にPS2にて発売されたいたのですが、日本ではジャック2があまりにも売れなかったと言う事でジャック3は発売されませんでした。

こんな神ゲー、マジでもったいない!

 

しかし、PS4ストアにて2017年に日本ではダウンロード販売という形で販売されるようになり、ジャックファンから歓喜の声が上がりました。

 

しかし、残念な事にボイスも、字幕共に英語表記でした。

 

ただ、ストーリーは分らなくともジャック3を遊べることに間違いはないので、ファンは嬉しかったと思います。

 

僕も実際にダウンロードし遊んでみましたが、確かに英語なのでサッパリ内容は分らなかったけど、所々の謎は理解できたし、何よりプリカーソル文明の謎はアニメーションを見るだけでも謎は解けました。

 

ストーリー

前作の拠点であるヘヴンシティに平和を取り戻したジャックとダクスター。

しかし、再びクリムゾンガードのロボット舞台がヘヴンシティを襲い街の半分が壊滅状態になってしまった。

 

さらに、新しい主導者ヴィーガー伯爵の手によってジャックは砂漠地帯のウェイストランドに追放されてしまう。

 

しかし、砂漠の民に救われ『小都市スパーガス・シティ』で生活をすることになる。

ここから再び新たな物語が始まる。

 

拠点となる街

f:id:kennzya:20200409111656j:plain

本作では砂漠の『小都市スパーガス・シティ』が拠点となる。

前作のヘヴンシティではスラム街のような雰囲気だったのに比べ、スパーガス・シティでは、砂の家や岩山といった荒野な雰囲気が広がっている。

 

街の外やダンジョン

f:id:kennzya:20200409111922j:plain

前作同様に本作でも街の外へ出ることが出来るのだが、外へ出る為にはバギーに乗って出るしかない。

外へ出るとバギーに乗った敵も出現し、銃で攻撃してくる。

 

こちらのバギーにも様々な武器が備え付けられており、銃やボムなので応戦しながら外を探索することとなる。

 

一応、バギーから降りることも可能だが、敵の攻撃で即死する。

 

外の世界は広大な砂漠地帯となっており、オープンワールドで物凄く広い。

探索するだけでも、時間が掛かる程広くオーブも隠されている。

 

また、砂漠のあちこちではダンジョンの入り口やサブミッションが用意されているので、ゲームの半分は砂漠地帯に出ることになる。

f:id:kennzya:20200409112544j:plain

ダンジョンでは前作に登場しなかった、洞窟や海底といった深いところまで探検できるようになっている。

その際、バギーやロボットといった、前作では登場しなかった乗り物に乗って探検できるので、本作でもダンジョン探索はワクワクできました。

f:id:kennzya:20200409112623j:plain

もちろん、前作同様に火山地帯や森林地帯といった自然溢れるダンジョンも沢山あります。

1と2で登場したダンジョンにプラス、本作から新しいダンジョンが加わった事により、多くの場所に訪れる事ができるようになりました。

 

壊滅状態のヘヴンシティ

f:id:kennzya:20200409113003j:plain

本作の拠点は砂漠なのですが、ストーリー後半になると、崩壊したヘヴンシティに訪れる事もできるようになります。

 

2の発売から13年後に発売した本作なので、ヘヴンシティがめちゃくちゃ懐かしく思い、感動したほどです。

 

現在、続けて1~3をプレイしている人は、2のヘヴンシティと比べ、どの場所が崩壊しているか、どの場所がどのように変わってしまったのか、など見比べながら探索できるのも楽しみのひとつです。

 

2同様、本作でもシティの中でサブミッションを行なえる場所があります。

報酬はもちろんオーブで、街の中にオーブが隠されている場所も。

 

やり込み要素として本作にもオーブが登場しているので、是非集めたいところです。

 

強化されたアクション

f:id:kennzya:20200409113400j:plain

1から2へ、2から3へとアクションの幅が広がっていくのも魅力のひとつ。

1から2になった時は、ダークモードや武器の使用など一気にアクションが変わったことでもビックリでしたが、本作はそんな武器にカスタマイズができるようになり、銃アクションの幅がかなり上がりました。

 

また、ダークモードの対となる力でライトモードという光のエコの力を使った新しい技も加わり、よりアクション性がアップ。

 

1からプレイしていても、アクションにまったく飽きないゲーム性になっていました。

だって、毎回新しいアクション増えているからな!

 

 あくまで、アクションゲームという面白さを追求していると感じました。

 

ミッション&ミニゲーム

f:id:kennzya:20200409113736j:plain

本作のミニゲームとミッションは前作に比べ難易度がかなり上がっている。

初見殺しのサブミッションも多々あり、何度も挑戦しないとクリアできないものがある。

 

ここにきて洋ゲーの理不尽な難易度が出てきたようにも思えました。

僕はそんな洋ゲー難易度が大好きです笑

 

逆に言えば本作も残機という概念はないので、クリアするまで何度でも挑戦すればOK。

死んでからリスタートするまでのロード時間もほとんどなく、すぐに復帰に再挑戦できる。

 

難易度

難易度は今までのシリーズに比べ結構高く感じた。

1は子供向け、2は学生向け、3は大人向けというような印象で、初見殺しの難易度だったり理不尽な難しさがある場面もある。

 

しかし、逆に言えばやり応えがある、やり込みがいがあると言えるので、歯ごたえがあるアクションゲームが好きな人には大変おすすめのゲーム。

 

ストーリーも今までのシリーズ比べかなり深いのでそういった意味でも大人向けに感じました。

 

まとめ-ジャック×ダクスター3-

Jak3はずっとプレイしたいと思っていた作品だったので、今回PS4ストアにてダウンロードしました。

やっぱり、思っていた通りめちゃくちゃ面白かった。

 

こういったシリーズ作品って正直言うと後半になるとグダグダしてくる作品も多い中、ジャックシリーズは1~3通して僕は面白かったですね。

 

やはりノーティードッグというべきかクラッシュシリーズも1~3通して全て神ゲーでしたしね。

 

今回はナンバリングを通してレビューさせていただきましたが、他にもスピンオフ作品が3タイトルございます。

また、どこかのタイミングでご紹介できればと思います。

 

とりあえず、1~3まだ遊んだ事ないよー!っていう人は是非遊んでみてください!

プレステ2のゲームですが、今遊んでも十分に満足できる作品となっています。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

(*'-'*)マタネー